半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

祖母や母をガンで亡くし・・・ (女性 47歳)

祖母や母をガンで亡くし、別の病気で亡くなった父もガンにかかったことがあり、遺伝的に自身もガンになるのではないかと心配しています。その為、ガン予防はいつも心がけているつもりです。
何より続けていることは、食事でのガン予防です。

母はガンにかかった時、すでに手の施しようがない状態でした。
私たち兄弟は民間療法でもまじないでも、なんにでもすがりたい気持ちでした。
そして、多数の民間療法を試しました。
例えばメシマコブやアガリスクなど抗ガン作用があるといわれているエキスなどです。
そして気づきました。
そのほとんどが、きのこ類なのです。

しかし、母は透析患者で「きのこ類」自体が制限されている食べ物だったので、使用を続けることができませんでした。
母が亡くなった後、私はガン予防のため、ずっときのこ類を食べています。まいたけの水溶性の成分がいいと聞き、週の半分くらいはまいたけスープを飲んでいます。複数のきのこを組み合わせて摂取するのがいいと聞き、それも実行しています。
他にも、海草や果物、生野菜、特にニンジンは欠かさず毎日食べています。透析患者はガンにかかりやすいと聞きます。半信半疑ながら、透析で制限される食べ物を積極的にとることが、私のガン予防策です。

注目の情報

Copyright 2019 半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』 All Rights Reserved.