半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

ガンは死亡原因トップの病気で・・・ (女性 43歳)

ガンは死亡原因トップの病気で、先進医療の進歩により治療が可能になってきたとはいえ、やはりかかりたくはないものです。
ガンの原因のひとつに遺伝もありますが、生活習慣や食生活など、後天的な原因からかかりやすくなると言います。ですから、健康なうちからガン予防を意識し対策を行っていきたいと思っています。
病気のリスクに大きく関係するのは体内に取り込む食べ物ではないかと思うので、ガンの予防に効果のある栄養を意識して摂取し、ガン発生のリスクを高めるとされるものは控えるように注意しています。
例えば抗酸化作用のある成分は細胞の酸化を抑制してガン化するのを防ぐというので、カロテン、ビタミンC、ポリフェノールといった抗酸化作用のある栄養を摂取するように心がけています。緑黄色野菜、果物に多く含まれます。またもずくにはがん予防効果があると聞くので、もずくをよく食べるようにしています。
食品から栄養を取り込むことでダイレクトに健康効果を体感することはないのですが、毎日の食事が健康な体を作っていくのだと確信しています。

Copyright 2019 半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』 All Rights Reserved.